広島の個人・法人の法律相談は、山本総合法律事務所(広島市中区)。夜間・土日祝日もご相談いただけます。広島市、呉市、廿日市市その他広島県内、県外対応

袋町電停目の前、アストラムライン本通駅徒歩3分

山本総合法律事務所

広島市中区大手町2-8-1大手町スクエア7階

法律相談予約受付
(平日)  9:00~18:00
※WEB予約は24時間
夜間・休日も相談可(要予約)   
082-544-1117

離婚の慰謝料

 離婚の慰謝料とは

配偶者に責任がある言動(有責行為)によって、離婚をすることになった場合には、民法を根拠に、慰謝料を請求することができます。

請求できる慰謝料は、「離婚原因慰謝料」と「離婚自体慰謝料」に分けられます。

「離婚原因慰謝料」は、離婚の原因となった配偶者の有責行為によって被る精神的苦痛に対する、慰謝料請求です。例えば、配偶者が浮気(不倫)をしたり、配偶者から暴力(DV)を受けた結果、離婚をすることになった場合が挙げられます。

「離婚自体慰謝料」は、離婚して配偶者の地位を失うことによって被る精神的苦痛に対する、慰謝料請求です。

実務では、それぞれの慰謝料ごとに金額を算定することはせず、両者を一体として判断して慰謝料の金額が算定されています。

 離婚慰謝料の金額の傾向

離婚の慰謝料の額を算定するにあたっては、実務上、次の要因が考慮されます。

  • 有責性
  • 婚姻期間
  • 相手方の資力

 

「有責性」については、婚姻関係が破綻する原因や経緯、婚姻生活の実態、有責行為の態様、責任割合などが考慮されます。

「婚姻期間」については、一般には、婚姻期間が長いほど離婚慰謝料の額は高額になります。ただし、離婚原因によっては、婚姻期間が短くても高額となることもあります。

「相手方の資力」は、話し合いによる解決をする場合には、金額の算定にあたり重要な判断要素となります。現実的に相手方が支払えない金額であれば、和解をすることができないからです。他方、訴訟(裁判)で解決をする場合には、それほど重要な要素とはなりません。

 離婚慰謝料を請求する方法

離婚の慰謝料を請求する場合、通常、まずは話し合いをします。

夫婦間の話し合いがまとまらない場合や、相手方と直接話し合いをしたくない場合には、弁護士を通して交渉することになります。法律の専門家である弁護士が関与することで、法に基づく冷静な話し合いとなり、話し合いがまとまることも多くあります。

話し合いがまとまった場合には、合意書を作成することが大切です。文書にしておけば、合意の内容が明確になりますので、後に「言った」「言わない」の争いとなるのを避けることができます。公正証書という文書で作成すれば、相手方が慰謝料を支払わなかった場合に、裁判をしなくても、相手方の財産に強制執行することができます。

 

話し合いでの解決ができなければ、慰謝料請求訴訟などの法的手段をとることになります。

裁判で慰謝料請求が認められるためには、法律に基づく「主張」と、それを証明する「証拠」が必要です。適切な主張と立証をすることで、慰謝料の金額が増額されることがあります。

判決で慰謝料請求が認められれば、相手方の財産(例えば、給料債権など)に強制執行することができます。

 離婚慰謝料の時効

離婚慰謝料は、通常、離婚が成立した日から3年で時効となります。時効になると、基本的に以後請求することができなくなります。

時効を中断する方法としては、裁判上の請求(訴えの提起など)があります。

また、裁判外で支払いを「催告」すれば、一時的に(6か月間)時効を止めることができます。その間に裁判所に訴えを起こすことで、時効は中断します。「催告」をした事実を証明するために、内容証明郵便を利用すると良いでしょう。

 慰謝料と税金

慰謝料が支払われても、原則として課税はされません。慰謝料は、精神的苦痛という損害を補償するものだからです。支払いの名目が、「慰謝料」ではなく「和解金」や「示談金」だとしても、実体が慰謝料であれば、課税されません。

ただし、慰謝料の額があまりにも高額な場合には、社会通念上相当な慰謝料額を超えた部分が贈与となり、贈与税が課税されます。

当事務所は、山本直輝税理士事務所(広島市中区国泰寺)と共同して対応することができますので、税金面でも専門的な対応が可能です。

 関連するページ

法律相談のご予約・お問合わせはこちら

夜間・休日もご相談いただけます

法律相談のご予約、お問合わせはこちら

082-544-1117

電話受付時間:(平日)  9:00~18:00

WEB予約は24時間受付中

※事前予約により、夜間土日祝日の休日もご相談いただけます。

当日の法律相談は、電話にてご予約ください。できる限り柔軟に対応します。

山本総合法律事務所

広島市中区大手町2-8-1大手町スクエア7階

法律相談 受付中

夜間・休日対応可(要予約)

法律相談料
1時間5500円(個人の方)
※正式にご依頼なら無料
※交通事故、顧問弁護士のご相談は無料
※事業者の方は、1時間1万1000円

ご予約は電話またはWEBから

082-544-1117

受付時間 (平日)   9:00~18:00

WEB予約は24時間受付中。休日も折り返しご連絡します。

山本総合法律事務所
広島市中区大手町2-8-1
大手町スクエア7階