広島の個人・法人の法律相談は、山本総合法律事務所(広島市中区)。夜間・土日祝日もご相談いただけます。広島市、呉市、廿日市市その他広島県内、県外対応

袋町電停目の前、アストラムライン本通駅徒歩3分

山本総合法律事務所

広島市中区大手町2-8-1大手町スクエア7階

法律相談予約受付
(平日)  9:00~18:00
※WEB予約は24時間
夜間・休日も相談可(要予約)   
082-544-1117

弁護士費用

弁護士費用は、大きく分けて次の5つがあります。

  1. 着手金(手数料):事件をご依頼いただいたときに、最初にお支払いいただく弁護士費用です。
  2. 報酬金:事件処理により成果が出た場合に、成果に応じてお支払いいただく弁護士費用です。成果が出なかった場合には、お支払いが不要です。
  3. 実費:郵便切手代、印紙代、交通費など、事件処理にかかる費用です。
  4. 顧問料:顧問契約を結んでいただいた場合にかかる弁護士費用です。
  5. 相談料:法律相談をされた場合にかかる費用です。(当事務所では、正式にご依頼のあった案件については、相談料はかかりません。)

 

※ご相談者の方のご事情によっては、金額やお支払い方法についてご相談に応じますので、お申し付けください。

弁護士費用の例(民事・商事)

※費用は全て税別表示です。

※別途実費(郵便代、印紙代、交通費)が発生します。

※下記料金表は、おおよその基準です。個別の事情(事件の難易、業務時間の見通しなど)により、料金は変わります。無料にて見積もりをお出ししますので、それを踏まえてご依頼されるかご検討ください。

相談料

1時間5000円

正式にご依頼された場合には、相談料は無料となります(お支払い済みの相談料は、着手金等に充当いたします)。

交通事故顧問弁護士のご相談は無料です。

料金表(基本)
経済的利益の額 着手金 報酬金
金300万円以下の場合 8%(最低10万円) 16%
金300万円~3000万円の場合 5%+9万円 10%+18万円
金3000万円~3億円の場合 3%+72万円 6%+138万円
金3億円を超える場合の場合 2%+369万円 4%+738万円
料金表(離婚)
  着手金 報酬金

離婚(財産分与、慰謝料、親権、養育費などを、一つの手続の中で取り扱う場合)

【交渉】20~30万円

【調停】25~40万円(交渉からご依頼の場合は、+10万円)

【訴訟・審判】30~50万円(交渉、調停からご依頼の場合は、+15万円)

※浮気(不貞行為)等を理由とする慰謝料請求や、婚姻費用の請求に関する問題がある場合には、別途着手金が加算されます。

※調停、訴訟に出廷する回数が6回以上となる場合には、1回当たり2万円が加算されます。

【交渉・調停】15~35万円+経済的利益の10%

【離婚訴訟】25~45万円+経済的利益の10%

※「経済的利益」は、「慰謝料+財産分与額+養育費2年分」として計算します。(請求されている事案では、当初請求された額から最終的な支払額を差し引いた金額とします。)

※浮気(不貞行為)等を理由とする慰謝料請求や、婚姻費用の請求に関する問題がある場合には、別途報酬金が加算されます。

※親権を得られた場合には、別途10万円が加算されます。

面会交流

【交渉】15万円

【調停】20万円(交渉からご依頼の場合は、+10万円)

【審判】20万円~30万円(交渉、調停からご依頼の場合は、+10万円)

30万円
離婚協議書作成

【定型】5万円~10万円

【非定型】10万円~20万円

※公証役場へ同行する場合には、別途費用(2万円)が加算されます。

バックアップサービス(弁護士のアドバイスを受けながら、ご自身で交渉・調停対応をしていただきます)

【相談】3か月7万5000円(月1時間30分まで相談可。超過した場合には、1時間1万5000円)。4か月目からは1か月2万5000円。

(※)離婚協議書、調停条項案の作成は、オプションとなります。

(※)途中で代理人を依頼された場合には、着手金を割引きします。

上記以外の事案 日本弁護士連合会が定めていた旧弁護士報酬基準をベースに、弁護士費用を設定いたします。
料金表(労働)
  着手金 報酬金

解雇事案

25万円~50万円

※労働審判から受任し、その後訴訟に移行した場合、上記着手金の半額を追加して頂戴いたします。

月額給与の2~3か月分(最低25万円)

金銭請求事案

「経済的利益」が

  • 300万円以下の場合:請求金額の8%(最低15万円)
  • 300万円~3000万円の場合:請求金額の5%+9万円
  • 3000万円~3億円の場合:請求金額の3%+69万円
  • 3億円を超える場合:請求金額の2%+369万円

「経済的利益」が

  • 300万円以下の場合:請求金額の16%(最低25万円)
  • 300万円~3000万円の場合:請求金額の10%+18万円
  • 3000万円~3億円の場合:請求金額の6%+138万円
  • 3億円を超える場合:請求金額の4%+738万円
上記以外の事案 日本弁護士連合会が定めていた旧弁護士報酬基準をベースに、弁護士費用を設定いたします。
料金表(不動産・建築)
  着手金 報酬金

通常の事案

「経済的利益」が

  • 300万円以下の場合:請求金額の8%(最低10万円)
  • 300万円~3000万円の場合:請求金額の5%+9万円
  • 3000万円~3億円の場合:請求金額の3%+69万円
  • 3億円を超える場合:請求金額の2%+369万円

「経済的利益」が

  • 300万円以下の場合:請求金額の16%(最低20万円)
  • 300万円~3000万円の場合:請求金額の10%+18万円
  • 3000万円~3億円の場合:請求金額の6%+138万円
  • 3億円を超える場合:請求金額の4%+738万円

賃料不払による明渡し請求(強制執行まで含む)

(※1)(※2

着手金 20万円

報酬金 25万円

上記以外の事案 日本弁護士連合会が定めていた旧弁護士報酬基準をベースに、弁護士費用を設定いたします。

(※1)賃料不払いが3か月以上続いており、事案が単純なケースの場合です。事案が複雑な場合については、お問い合わせください。

(※2)占有移転禁止の仮処分の申立てをする場合(物件を第三者が占有するおそれがある場合に必要な手続)には、別途10万円の弁護士費用を頂戴しております。

料金表(交通事故)
  着手金 報酬金

保険会社から示談金が提示されていない場合

無料

回収額の10%+20万円

保険会社から示談金が提示されている場合 無料

提示額から増額した金額の20%

+20万円

(※)保険会社が支払いを拒絶しているなど、特殊なケースでは、上記と異なる基準となる場合もあります。詳しくは、ご相談時にご説明します。

弁護士費用の例(刑事)

※費用は全て税別です。

※別途実費(交通費、謄写費用等)が発生します。

下記料金表は、おおよその基準です。個別の事情(事件の難易、業務時間の見通しなど)により、料金は変わります。無料にて見積もりをお出ししますので、それを踏まえてご依頼されるかご検討ください。

相談料

1時間5000円

※正式にご依頼された場合には、相談料は無料となります(お支払い済みの相談料は、着手金等に充当いたします。)

初回接見プラン

正式に依頼するかどうかを決めるために、1度弁護士がご本人と面会(接見)するプランです。経験豊富な弁護士が、ご本人から詳しい事情をお聞きしたうえで、対応をアドバイスします。また、ご家族からの伝言をお伝えします。

初回接見プラン費用:3万5000円

※初回接見後、正式にご依頼いただいた場合には、初回接見費用は無料となります。お支払い済みの初回接見費用は、着手金に充当します。

着手金(起訴前)
事件の種類 金額
身柄が拘束されていない事件 15万円~25万円
一般的な事件(※1) 20万円~30万円
複雑な事件(※2) 30万円~

(※1)事実関係に争いがなく、事案が複雑ではなく、事件処理に特別の労力を要しないと見込まれる事件。

(※2)事実関係に争いがあったり、事案が複雑であったり、事件処理に特別の労力や専門的知見を要すると見込まれる事件。

着手金(起訴後)
事件の種類 金額
一般的な事件(※1) 15万円~25万円(※3)
複雑な事件(※2) 25万円~(※3)

(※1)事実関係に争いがなく、事案が複雑ではなく、事件処理に特別の労力を要しないと見込まれる事件。

(※2)事実関係に争いがあったり、事案が複雑であったり、事件処理に特別の労力や専門的知見を要すると見込まれる事件。また、控訴審、上告審の事件。

(※3)起訴後に初めてご依頼される場合の着手金は、「一般的な事件」が20万円~30万円、「複雑な事件」が30万円以上となります。

報酬金(起訴前)
弁護活動の結果 金額
釈放 10万円~20万円
不起訴 10万円~20万円(※1)

(※1)身柄が拘束されていない事件で不起訴となった場合、15万円となります。

報酬金(起訴後)
弁護活動の結果 金額
執行猶予付きの判決

15万円~30万円

(複雑な事件は30万円~)

求刑を2割以上下回る実刑判決 10万円
無罪判決 50万円~
保釈 10万円
報酬金(起訴前・起訴後に共通)
弁護活動の結果 金額
示談・被害弁償 被害者1名につき5万円
接見禁止の全部又は一部解除 5万円
勾留の執行停止 15万円
遠方へ出張する場合の日当(接見・公判出頭・示談その他)

片道1時間以上かかると見込まれる出張が必要な場合や、広島市外に出張する場合には、別途出張日当を頂戴する場合があります。

また、接見の回数が、通常必要と考えられる回数を超える場合には、別途接見費用を頂戴する場合があります。

法律相談のご予約・お問合わせはこちら

夜間・休日もご相談いただけます

法律相談のご予約、お問合わせはこちら

082-544-1117

電話受付時間:(平日)  9:00~18:00

WEB予約は24時間受付中

※事前予約により、夜間土日祝日の休日もご相談いただけます。

当日の法律相談は、電話にてご予約ください。できる限り柔軟に対応します。

山本総合法律事務所

広島市中区大手町2-8-1大手町スクエア7階

法律相談 受付中

夜間・休日対応可(要予約)

法律相談料
1時間5000円(税別)
※正式にご依頼なら無料
※交通事故、顧問弁護士のご相談は無料

ご予約は電話またはWEBから

082-544-1117

受付時間 (平日)   9:00~18:00

WEB予約は24時間受付中。休日も折り返しご連絡します。

山本総合法律事務所
広島市中区大手町2-8-1
大手町スクエア7階